基本情報・旅のヒント

シンガポールは1年中ベストシーズン!避けるべき時期・年間天気・イベント徹底解説

シンガポールに旅行するならいつが一番良いんだろう?と訪れる時期を迷っている方も多いのではないでしょうか。

実は、シンガポールは1年中がベストシーズンと言えます!

なぜなら、1年中色んな楽しみ方ができるから♪乾季・雨季と2つの季節がありますが、1年中同じくらいの気温なので気候によって旅行に影響を及ぼすことが少ないのです。

今回は、乾季・雨季それぞれの注意点や旅費が安い・高いシーズンなど、在住者ならではの視点でご紹介したいと思います。シンガポール旅行を検討している方は必見ですよ♪

気温やイベントなどもあわせてご紹介しているので、旅行の計画を立てる際にも、参考にしてみてください。

東京⇔シンガポールの航空券はエアアジアが1番が安いです。個人旅行が好きなら スカイチケットで一括検索がおすすめ!!往復3万円台のチケットでシンガポールのチケットをとったこともあります。

好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ♪

公式リンク スカイチケットでシンガポールへの格安航空券をみてみる

シンガポールは1年中ベストシーズン!雨季・乾季それぞれの特徴と注意点

シンガポールのベストシーズンというと、旅行会社やガイドブックでは「乾季」だと言われることが一般的です。

ですが、シンガポールに年間通して住んでいたら、これは逆に感じます。(一般的な在住者の意見)

mari
mari
どちらかと言うと、雨季の方が過ごしやすいということですね!びっくり!

シンガポールの気温は、基本的に1年中30℃くらいでほどんど変わりません。あえて言うなら乾季真っ盛りの6月ごろは暑さが厳しく、雨季は若干涼しくて過ごしやすいです。

シンガポールの雨季の特徴と注意点

雨季が若干涼しくて過ごしやすいと言っても、日本に比べるとやはり気温が高い!

例えば、日本の冬の時期にシンガポールへ行くと考えると、雨季でも暑いと感じるのではないでしょうか。

乾季と気温の差は大きくないため、雨季であってもプールなどの水遊びが楽しめるので心配いりません♪

ただ、高いところにあるマリーナベイサンズの屋上プールに限っては、気温が下がりやすいので、涼しい日は寒すぎることもあるので注意。(普通のプールは大丈夫)

また、「雨季」と聞くと誰もが想像する「雨」ですが、そこまで心配はいりません。

雨季のほうが雨は多くなるけれど、乾季でも降るのであまり気にしなくて大丈夫。シンガポールでは雨季でも洪水が起きたりすることは、まずありません

mari
mari
シンガポールは街が整備されているし、雨量をみてもジャカルタとのように多くはないはず!

シンガポールの乾季の特徴と注意点

よく「ベストシーズン」と言われる乾季。

シンガポールは年中暑いですが、最も厳しいのは6月ごろです。街歩きやショッピングを重視するならちょっと暑すぎるかもしれませんね。

プールなどの水遊びも一年中楽しめますが、外にいる時間が長くなるので、乾季は逆に暑さが厳しすぎるかも。外で遊ぶ場合は、紫外線対策や水分補給などを念入りに行いましょう♪

また、雨季に比べると、確かに雨量は乾季の方が少ないですが、まったく雨が降らないわけではありませんので雨具は持って行きましょう!

一般的に、海外旅行では「乾季がベストシーズン」のイメージがあるけれど、シンガポール旅行に関しては気候は重要ではないと思います。

要点まとめ
  • どちらかと言うと「雨季」の方が過ごしやすい
  • 6月は日差しが強よいため対策が必要
  • シンガポール旅行にとって気候は重要ではない

シンガポールの旅費が安い時期は『雨季の11月~3月・GW直後~夏休み前』

パックツアーの料金が安い時期

観光のベストシーズンである乾季に比べ、雨季は旅行者が少なくなるためツアーの価格も下がる傾向にあります。

とはえいえ、シンガポールのパックツアー価格は、特定の時期(GW・年末年始など)をのぞけば、激しく上下することはありません。

mari
mari
フランスやイタリアなどヨーロッパのツアーだと冬は夏の半額くらいのこともあるけど、シンガポールはあまりそういうことはないかも。

GW・夏休みは基本的に旅費が高いですが、GW直後や夏休み前(6月~7月上旬)は価格が下がりやすい傾向にあります。出発日が平日か休日かによってもツアー料金は細かく変動しますので、あくまでも目安と捉えてくださいね!

安い時期の4日間のパックツアーで、1人あたり40,000円~程度です。(東京-シンガポール)

フェニー
フェニー
旅行会社の決算が9月・3月のところが多いため、この時期に普段より安いツアーがでている可能性も!

個人旅行は航空券が安くなる『1~3月・6~7月』がおすすめ!

シンガポール行きの航空券が安くなる時期は「1~3月・6~7月」。航空券もホテルも自分で手配する個人旅行で行くならこの時期がおすすめです。

お正月すぎの1~3月、6月~7月は年間の平均よりも5~12%運賃が下がるというデータがあります。(※スカイスキャナー調べ)

ですが、1~2月の旧正月期間だけは、航空券・ホテル代が跳ね上がるので気を付けましょう。

逆に、航空券・ホテルが高くなりやすいのは、9月のF1グランプリの前後!

世界的に有名なF1グランプリの開催があるので、シンガポールに人が集まる時期です。

F1グランプリの開催は3日間。前後数日間は高くなることがあるので注意してください。

また、LCCの航空券は突発的なセールなどが行われることもあるので、まめにチェックしておきましょう!

格安航空券を探すなら「スカイスキャナー」

ちなみに、格安な航空券を取るのに私が愛用しているのは、スカイスキャナーというサイト。

全世界1200社以上の航空会社を比較して、最もリーズナブルな航空会社を見つけてくれるので、一番お得な航空券をあっという間に見つけられます。

mari
mari
スカイスキャナーの詳しい解説はこちらの記事でしています!

関連記事航空券を検索するなら「スカイスキャナー」お得な使い方と注意点

ホテルを安く予約するなら「agoda」が最高!

1年のうちでホテルの値段も変動しますが、ホテルによってまちまちなので「ホテルが安い時期」というのは一言では言いにくいです・・。

なので、ホテルの価格もまめにチェックするのが大切ですね!

私はいつも、booking.comや agodaでチェックしています。特にシンガポールのホテルなら、agodaがおすすめ。東南アジア圏は、agodaが最安となることが多いので、本当に重宝します!

もちろん日本語で簡単に予約できるので、難しいことはありません。私は、よくこの2つのサイトをチェック&比較して予約をしています。

あもちゃん
あもちゃん
agodaの詳しい解説を書いた記事が読みたい方はコチラから!

また、どのホテルに宿泊するか迷っている方は下記のページを参考にしてみてください♪

関連記事シンガポールのおすすめ人気ホテル5選!世界60ヵ国以上周った私が教えます

関連記事セントーサ子連れで泊まりたい人気ホテルおすすめランキングベスト5

要点まとめ
  • パックツアーが安くなる時期は『雨季・GW直後や夏休み前(6月~7月上旬)』
  • 安い時期の4日間のパックツアーで、1人あたり40,000円~程度
  • 航空券が安くなる時期は『お正月すぎの1~3月、6月~7月』
  • 航空券・ホテルの値段は、まめに情報をチェック!

シンガポール旅行を避けたほうが良い時期


photo by Soham Banerjee

シンガポールへの旅行を絶対に取りやめるべきという程ではありませんが、5月から10月頃にかけてヘイズという大気汚染が起こる可能性があります。

ヘイズが起こると、街全体が霧のような煙でおおわれるので、視界が悪くなり、焦げたにおいが充満・・。

インドネシアで発生した野焼きの煙がシンガポールに飛んできていると言われていますが、有害物質である「PM2.5」がこの煙に含まれているので問題になっています。

このように書くとすごく怖いですが、毎年すごく害が出るというわけではありません

ひどい年は大変といった感じです。2013年・2015年はヘイズの影響がひどかったのですが、それ以降は落ち着いています。

もし、この時期に旅行を計画するなら、最新のヘイズ情報には気を付けておくと良いと思います!

あもちゃん
あもちゃん
もし、ヘイズが酷かったら…できれば行かないほうが身のためですね・・。

シンガポールの年間平均気温・降水量

シンガポールは1年を通して暖かい常夏の国!平均気温も湿度も日本より高いのが特徴です。

では、参考までにシンガポールの年間平均気温と降水量を見てみましょう!

 

フェニー
フェニー
シンガポールには四季がないから、平均気温がほとんど一緒だね!

雨の量には差がありますが、日本のようにしとしと長時間降るような雨は少なく、数時間だけ激しく雨が降る(スコール)がほとんどです。

シンガポールの季節の特徴

雨季には雨が多くて涼しくなり、乾季には雨が少なく気温が上がる…という風に変化しますが、実際のところ、その変化は大したことはありません!

「雨季のはずなのに、暑いなあ~」「乾季なのに、雨がよく降るね~」

在住者の間では、こんな会話が飛び交っていたりするのです(笑)

mari
mari
自然現象なんてそんなものですよね!

とはいえ、やはり乾季・雨季という季節は、旅行の上で目安にになると思いますので、それぞれの特徴をご紹介します。

乾季(3月~9月)

日差しが強く、暑い日が続くのが特徴。昼間は日差しが強すぎるので、夕方に行動するという方もいるくらいです。

乾季と言えど、雨は降ります。スコールがときどき降ることがあるので、雨具は必須アイテムですね!

紫外線が気になる方は、日傘としても使える傘を持って行くのも良いかもしれませんね!

あもちゃん
あもちゃん
焼け止めも必須アイテムなので、使慣れたものを日本から持参しましょう。

雨季(10月~2月)

雨季と言っても、日本の梅雨のようにしとしと雨が降り続けるわけではありません。乾季に比べるとスコールが降ることが多いですが、30分もすればまた晴れ間が見えたりするので、そこまで神経質にならなくても大丈夫です!

スコールが降る回数も多くても3回くらいなので、雨具の用意をしておけば大丈夫。街歩きしている最中なら、ショッピングモールにかけこむなど、いくらでも対処可能です。

また、暑さに関して、雨季が絶対に涼しいとは一概には言えません

真冬の日本から来た人にとっては、雨季でもとても暑く感じますし、猛暑の夏休みにやってきたら、乾季でも日本より過ごしやすく感じたりするので、ちょっと難しいところではありますね・・。

mari
mari
ヘイズの心配は乾季に比べると少ないので、快適に過ごせます♪
シンガポール旅行おすすめの服装と現地で浮かないコーデ徹底解説シンガポール旅行に適した服装について文化や気候の両面から詳しく解説しています。室内との寒暖差が激しいのでかならず軽く羽織れるパーカーやストールを用意してくださいね!...

シンガポールの人気季節イベント

チャイニーズ・ニューイヤー:例年1月下旬から2月中旬

国民の約7割、大多数を占めるのが華人系。その華人たちが一番盛り上がるのが「チャイニーズ・ニューイヤー」つまり、旧正月と呼ばれる中国のお正月です。

お正月が近づくと、いたる所から明るいお正月の歌が流れてきます♪

そして、街中が飾りつけで真っ赤に!

チャイナタウンを中心に、食料品などの出店が現れてものすごい賑わい。この雰囲気、ぜひ一度味わってほしいおすすめイベントです。

mari
mari
ただし、華人にとって元日は親類・家族と過ごす大切な日。大抵の店が閉まっているので注意してください!

中秋節:例年9月頃

華人系の風物詩である「中秋節」

例年9月ごろにあたるこの時期も、お祭りムードいっぱい!!チャイナタウンの通りは華やかにライトアップされます。

そして、はずせないのがこの月餅!!

中秋節では、月餅という中国の定番お菓子を贈りあう慣習があり、ショッピングモールの特設会場では一か月ほど前から月餅商戦で大盛り上がり(・∀・)

有名パティスリーや高級ホテルも出店し、圧巻の光景です。

フェニー
フェニー
ドリアン味などの変わり種もあり試食できるので、是非試してみてください(笑)

ラマダン:イスラム歴の9番目の月

イスラム教徒のマレー系の人にとって最も大切な時期が「ラマダン」と呼ばれる断食の月。

イスラム歴の9番目の月に行われ、毎年約11日ずつ早まります。この時期に、一番の賑わいを見せるのが、パヤレバ駅~ゲイランセライマーケット周辺。

料理や衣装、飾り物などの屋台が立ち並びます。

マレー系の人たちは日の出から日没までは断食しているので、その間、食べ物を口にすることありません。

しかし、日が暮れるとそれが一変!

買い込んでいた料理をいっせいに食べ始め、一気に街が活気づきます。暗くなると、ライトアップでより一層、賑やかに!

mari
mari
ラマダン明けの日(ハリ・ラヤ・プアサ)は家族で祝う日!当日に屋台は出ていないのでご注意を

光の祭典「Deepavali(ディーパバリ)」:例年10・11月頃

インドの雰囲気を味わいたいなら、「ディーパバリ」の時期がおすすめです。

善(光)が悪(闇)に勝ったことを祝う光の祭典「ディーパバリ」は、ヒンドゥー教徒にとって最大のお祭り。例年10・11月頃に開催されています。

この時期、約1か月間はリトルインディアがいつも以上に華やかに。 インドのお祭りはとってもカラフル!

大通りは電飾で飾られ、お祭りグッズを売る特設テントも出現します。テントの中はインドらしく、派手な飾りがびっしりで充実した撮影タイムが楽しめます♪

「ディーパバリ」の時期はお祭り準備の買い物やヒンドゥー寺院への参拝に来る人で賑わい、観光客にも人気です。

シンガポールGP:例年9月20日前後


photo by Matthias Rosenkranz

F1でもめずらしいナイトレースを開催しているのがここシンガポール。私も数年前一度だけF1観戦をしにシンガポールに滞在しました。

日本と違って、海外から人気アーティストを呼んでお祭り騒ぎ!!

この時期はホテルや航空券が高騰するので、早めの予約が必須です!

mari
mari
私が行ったときは今は亡きリンキンパークがライブステージを盛り上げていました( ;∀;)

シンガポールベストシーズンまとめ

過ごしやすさ・旅費の安さなどそれぞれ、ベストシーズンと呼べる時期はありますが、はっきり言ってシンガポールは、1年中楽しめる国です!(笑)

観光スポット・レジャー施設・ショッピングスポットがかなり発達しているので、暑くても雨が降っても必ず楽しめる場所はありますので、安心してシンガポールを楽しんでくださいね♪

シンガポール旅行前に知っておきたい基本情報(観光・ビザ・治安・物価)シンガポール旅行前に必ずチェックしておきたい基本情報から観光、お土産スポットまで全てまとめました!これだけ押さえておけばガイドブックも必要ありません!ぜひチェックしてみてください♪...
シンガポールで遊ぶならボヤジンを使わなきゃ損!

ボヤジンでチケットを手配すると
シンガポールの人気テーマパークが
最大52%オフになるって知ってる?

他にも送迎バス付のツアーや
クルーズの予約もおまかせ!
事前に日本語で予約できて便利です。

\楽天グループだから安心/

ボヤジン
公式サイトをみてみる