基本情報・旅のヒント

シンガポールツーリストパス4種類の内容・価格を徹底比較!

今回はシンガポールを旅行する方に便利なシンガポールツーリストパスについての情報をお届けします!

MRTと路線バスが乗り放題になるこのチケット。実は4種類も用意されています。

それぞれのパスの内容と、どんな方におすすめなのか、どれを買えばいいのか在住者目線で検証していきます!

結論からいうと、タクシー・Grabを併用するならez-linkカード、公共交通機関だけで移動をたくさんするならシンガポールツーリストパスが良いのかなと思いますが、ご自分のプランに合わせて選んでみてください!

シンガポールツーリストパスの種類・内容・価格

2019年4月現在、シンガポールの公共交通機関乗り放題パスは全部で4種類。

シンガポールツーリストパス SGツーリストパス シンガポールツーリストパスプラス STSチャーム
価格 S$20/S$26/S$30 S$25 S$38 S$36.90
期間 1日/2日/3日 3日 3日 1日
デポジット S$10 なし なし なし
その他 観光や食事などの特典付き

それぞれのパスは乗り放題期間を過ぎたら、チャージしてez-linkカード(公共交通機関のプリペイドカード)として利用できます。

シンガポールツーリストパス Singapore Tourist Pass

路線バス・MRTの乗り放題パス。

期間は1日・2日・3日の3種類です。

交通機関が乗り放題の他、カードを提示することで様々な観光スポットでの割引もあります。

カード料金の中にはS$10のデポジットが含まれているので、実質価格はS$10/S$16/S$20になりますね。

mari
mari
5日以内にカードを返却すれば、S$10は全額戻ってきます。

乗り放題期間が過ぎたら、チャージしてez-linkカードとしても使えるので、例えば1日乗り放題にして2日目からはez-linkカードという使い方もできます。

期限内に返却ができなかった場合も、S$10は戻ってきませんが、ez-linkカードとして使い続けることは可能です。

SGツーリストパス SG Tourist Pass

デポジットなしの路線バス・MRTの乗り放題パス。

使用期間は3日間の1種類のみ。

3日間のツーリストパスに比べるとS$5割高になりますが、時間がない等でカード返却ができない場合は、逆にこちらの方がS$5お安いですね。

シンガポールツーリストパスプラス Singapore Tourist Pass Plus

公共交通機関の乗り放題+嬉しい特典付きのカード。

使用期間は3日間で、特典については不定期に変更があるようです。

ちなみに、2019年4月の特典は次の通り。

  • 無料でXplore半日ツアーに参加
  • S$10食事券
  • 限定ポストカードセット(S$8相当)
  • リゾートワールドセントーサでの商品割引5%
  • セントーサのGood Old Daysで10%オフ
  • フェーバーピークのSpuds & Apronで10%オフ
  • HYFE Travel Cafeのメインコースが1for1(最新情報のチェックは公式HPで!)

STPチャーム STP Charm

可愛いマーライオンのチャーム型乗り放題パス。使用期間は1日。

お値段は結構お高め、旅の記念にしたい人にはいいかも。

シンガポール乗り放題パス購入場所・方法

乗り放題パスの種類によって購入できる場所が違います。

シンガポールツーリストパス

一部のTransitLinkチケットオフィス、またはチャンギ空港にある自動STPキオスク。

シンガポールツーリストパスを販売するチケットオフィス

アンモキオ ベイフロント ブギス チャンギ空港 チャイナタウン

シティホール ファーラーパーク ハーバーフロント ジュロンイースト

クランジ ラベンダー オーチャード ラッフルズプレイス サマセット

タンジョンパガー ウッドランズ

営業時間はHPで確認してください。自動STPキオスクは24時間利用できます。

SGツーリストパス/販売場所

チャンギ空港内の一部のコンビニ「チアーズ」。24時間営業です。

SGツーリストパスを販売するチアーズの場所

  • ターミナル2 出発ホール
  • ターミナル3 1階
  • ターミナル4 到着ホール

シンガポールツーリストパスプラス/販売場所

チャンギ空港の各ターミナルにあるチャンギレコメンズ(Changi Recommend)のカウンター。24時間営業。

STPチャーム/販売場所

一部のTransitLinkチケットオフィス。

STPチャームを販売するチケットオフィス

  • チャンギ空港
  • ハーバーフロント
  • オーチャード

シンガポールツーリストパス払い戻し場所

「シンガポールツーリストパス」のデポジットの払い戻し場所をご紹介します。

払い戻し場所

  • すべてのTransitLinkチケットオフィス
  • 一部の駅のSMRTパッセンジャーサービスセンター
    (チャンギ空港、クランジ、ラベンダー、ドビーゴート、マリーナサウスピア)

営業時間に注意

ここで問題になるのが、営業時間。

チャンギ空港のチケットオフィスの営業時間は、8:00~21:00。

ネット上では、「チケットオフィスが閉まっていて払い戻しできなかった」という意見がたくさん見受けられたので注意してください。

チャンギ空港ではMRTのパッセンジャーサービスセンターでも払い戻しが可能です。

MRTは23時台まで動いているので、確認がとれていませんが、チケットオフィスが閉まっていてもそちらに行けば払い戻しできるかな?と思います。

シンガポール乗り放題パスの注意点

乗り放題の有効期限は23:59まで!

あもちゃん
あもちゃん
有効期限は24時間ではないので注意してください。

朝から乗ってもでも夕方からでも、当日の23:59までで1日分ということになります。

2日間パスは次の日の23:59まで、3日間パスだとその次の日の23:59までです。連続した日で利用するようにしてください!

プレミアムサービスのバスには使えない

ほとんどのバス・MRTに乗れますが、Sentosa Express、RWS8、Fast Forward、Night Rider、Nite Owlバスなどのプレミアムサービスでは乗り放題パスの利用はできません。

mari
mari
ez-linkカードとは利用できる範囲が違うので気をつけましょう。

シンガポールツーリストパスはこんな人におすすめ!

旅行にはバス・MRTとタクシーのどちらがいい?

シンガポール旅行の移動手段は、バス・MRT以外にもタクシー・Grabがあります。

「できるだけ経済的に節約したい」という方は、やっぱりバス・MRTがおすすめで、特に、1~2人旅の方は、かなり出費を抑えられると思います。

乗り方も、乗り放題パスかez-linkカードとスマホがあれば初めてでも簡単。

一方、貴重な旅の時間を無駄にしたくない人には、タクシーやGrabがおすすめ。

特に、動物園や空港など郊外への移動はバス・MRTに比べてかなりの時短になります。

また、子連れや大きい荷物がある時も助かりますよね!料金は日本よりも安く、ぼったくりもないの気軽に利用できます。

まとめると・・・

  • バス・MRTは短距離や駅そばへの移動、1,2人旅向き
  • タクシー・Grabは郊外への移動、荷物があるとき、グループ・子連れ旅向き

もちろん、どちらか一方と決めず、臨機応変に両方を上手く利用してもといいと思います。

ツーリストパスの元を取るには?

公共交通機関のチケットの選択肢は次の3つがあります。

  • 1回乗車ごとに支払う(MRT=スタンダードチケット、バス=現金)
  • ez-linkカード
  • ツーリストパス

バス・MRTをたくさん利用しようと計画されている方も、ツーリストパスを買うかどうかは悩みどころですよね。

実際のところ、どれくらい乗れば元を取れるのでしょうか・・・??

1~2回しか乗らない方は、その都度支払ってもいいのですが、バスを現金払いで乗るのはちょっと面倒で難易度が高いと思います。

出来れば、ez-linkカードかツーリストパスにするほうがおすすめです。

ez-linkカードで支払う場合、バスの運賃は通常S$0.73~S$1.66、MRTの運賃はS$0.83~S$1.95。

ツーリストパスにしたほうがお得かどうかは、運賃価格をもとに考察できます。

例えば、1日ツーリストパスは実質価格S$10(S$20-デポジットS$10)。

観光スポットでの特典を利用することもできるので一概には言えませんが、1回の運賃をを仮にS$1としたら、10回以上乗れば元が取れます。

フェニー
フェニー
元を取るにはかなりたくさん乗る必要がありますね。

色んな場所へ身軽に移動する人なら、利用価値があるのではないでしょうか?

ちなみに、私が旅行するときは、バス・MRTだけでなくGrab、タクシーも利用します。そのため、ツーリストパスでは元が取れそうにないのでez-linkカードを選びます。

ez-linkカードの場合は、チャージして使い切れなかった分(カード代S$5を除く)は返金可能ですし、リピーターの方は次の旅行でも使えます。もし知り合いで持っている人がいたら、借りて使うこともできます。

お得情報:事前にEバウチャーを入手してチャンギレコメンズで購入すれば、S$5入りのez-link カードがS$9でゲットできます! (=実質、カード代が4ドル)

「Simply Go」クレジットカードでの運賃支払いサービス開始

ここまで、乗り放題パスやez-linkカードについて説明してきましたが、実は4月4日から新しいサービスが開始され、もう一つ選択肢が増えました。

それが「Simply Go」というシステムで、クレジットカードやデビットカードで運賃の支払いができるというもの。

現在、対応のクレカは非接触対応のMastercardのみですが、2019年後半にはVisaにも対応する予定です。

また、Apple payやGoogle payといったモバイル決済も可能で、スマホに登録したカードも利用できます。

ただし、外国発行カードは海外取引手数料が加算されるので注意しなければいけません。

まだ、始まったばかりなので旅行者がお得に使えるのか情報が乏しく未確認ですが、確実にまた便利になってきてますよね。シンガポールの進化は本当にすごい!

シンガポールツーリストパスまとめ

予定をいっぱい詰め込んで、バス・MRTに乗りまくる方には、お得で便利なツーリストパスはおすすめです。

特典をチェックして気に入ったものがあれば、ツーリストパスプラスを選んでもOK♪

シンガポールの公共交通機関は、節約になるだけでなく、涼しくて快適です。

観光に訪れる方も、積極的に利用してみてください!

シンガポールで遊ぶならボヤジンを使わなきゃ損!

ボヤジンでチケットを手配すると
シンガポールの人気テーマパークが
最大52%オフになるって知ってる?

他にも送迎バス付のツアーや
クルーズの予約もおまかせ!
事前に日本語で予約できて便利です。

\楽天グループだから安心/

ボヤジン
公式サイトをみてみる