子連れおすすめスポット

シンガポール植物園行き方・見どころ・料金完全ガイド!【世界遺産】

シンガポールで植物園と言ったら、インパクトがありすぎるガーデンズ・バイ・ザ・ベイのほうを思い浮かべる人が多いと思いますが、もう一つ忘れてはいけない植物園があります。

それは、シンガポールボタニックガーデン(Singapore Botanic Gardens)

こちらは、2015年に世界文化遺産として登録された歴史的にも価値のある植物園です。

シンガポール初で、現在のところ唯一の世界遺産の植物園、見どころや料金について詳しく解説していきます!

シンガポール植物園の歴史

ボタニックガーデンの歴史はイギリス統治時代の1859年に始まります。

最初の目的は、スパイス、パーム油、ゴムといった経済作物の研究。

特に、ゴムのプランテーションの発展に大きな役割を果たしました。

シンガポールボタニックガーデンがなければ、東南アジアの歴史は変わっていたかも!?

現在では、市民の憩いの場であると同時に、希少植物の研究・栽培や保護活動を積極的に行っています。

このような背景があるから、世界遺産に選ばれたのですね。

シンガポール植物園の概要

シンガポール植物園シンガポール植物園

ボタニックガーデンがあるのは、繁華街オーチャードのほど近く。そんなところに、緑豊かな植物園が広がっているんです。

東京ドーム13個分の広い敷地内には3万以上の植物が植えられています。

見たことない植物がいっぱいで、散策するのがとっても楽しいですよ!

シンガポール植物園エリア

南北に細長い形をしていて、ざっくり解説すると、以下の様になっています。

  • 北側
    教育や研究のためのエリア。子供向け庭園や大学のキャンパスなど。
  • 南側
    植民地時代に整備された英国式庭園を保存するエリア。
  • 中央
    観光や憩いの場としてのエリア。

さらに2017年、南西部に「ラーニング・フォレスト」が開園したことで、もう一つ新しいコンセプトのエリアも出来ました。

園内各所には様々な施設が設けられ、無料コンサートなどのイベントもよく開催されています。

シンガポール植物園行き方・アクセス


とにかく敷地は広大。

入口もいくつかあって、メジャーなところは次の3つです。

タングリンゲート

シンガポール植物園シンガポール植物園

photo by Andrew Crump

ボタニックガーデンの南側にあるメインエントランス。

オーチャードからタクシーで5~10分ほど。

路線バスのバス停も近くにあります。

ブキティマゲート


photo by Caitriana Nicholson

ボタニックガーデンの北側にあるエントランス。

MRTボタニックガーデン駅を出てすぐにあります。

ここからオーキッドガーデンまでは徒歩で20分ほど。

ナッシムゲート


photo by Jnzl’s Photos

南北の中央辺りにあるエントランス。

こちらもオーチャードからタクシーで10分ほどで、ビジターセンターや素敵なお土産ショップがあります。

MRTで行くなら、ブキティマゲート、路線バスならブキティマゲートかタングリンゲートになります。

タクシーの場合は、この3つの入口のいずれかを指定してください。

住所 1 Cluny Rd、シンガポール259569
営業時間 5:00~0:00
料金 無料
HP https://www.nparks.gov.sg/sbg

シンガポール植物園の見どころ

ナショナル・オーキッド・ガーデン

見どころいっぱいのボタニックガーデンの中でも目玉と言えるのが、このナショナル・オーキッド・ガーデン(国立ラン園)。

1000種以上の原種と約2000種の交配種のランが集められた、世界でも最大規模のラン園になります。

ランの花はシンガポールの国花。

mari
mari
シンガポールに来た記念に、色とりどりのランを愛でに行きませんか?

オーキッドガーデンでは2017年からの増築工事のため、一部の施設が閉鎖されていますが、HPのお知らせによると2019年に再オープン予定です。

※オーキッドガーデンの入場は有料になります。

営業時間 8:30~19:00(最終入場18:00)
料金 大人S$5、学生S$1、シニア(60歳~)S$1、12歳未満無料

食事スポット・レストラン


photo by alantankenghoe

ボタニックガーデン内には、散策の途中に立ち寄れる飲食店が点在しています。

雰囲気の良いレストランからフードコートまで様々なタイプがあるので、気になる方はボタニックガーデンの公式HPでチェック!

mari
mari
園内での飲食はOKなので、節約派はランチやおやつ持ち込んでもいいと思います!

芝生の上でお弁当を広げている家族連れもよく見かけますし、ローカルフードが好きな方は、近くのホーカーセンターに行ってみるのもいいですね。

MRTボタニックガーデン駅から少し歩いたところにあるアダムロード・フードセンター(Adam Road Food Centre)には有名なナシレマ屋さんがあります。

ただし、行列は覚悟してください♪

子連れシンガポール植物園おすすめ情報

ボタニックガーデンは、家族連れにも人気。遊歩道が整備されているので、ベビーカーでもOK。

オムツ替え台は園内に3か所あります。

  • ビジターセンター
  • ジェイコブ・バラス・チルドレンズガーデン
  • ラーニングフォレスト

では、子連れにおすすめしたいとっておきの情報を2つご紹介します。

ジェイコブ・バラス・チルドレンズガーデン Jacob Ballas Children’s Garden

一般のエリアとは区切られた14歳以下の子供向けエリアです。

大人は子どもに同伴する場合のみ入場可能。

遊具はもちろん、木登りできる木もあります。

営業時間:8:00~19:00(最終入場18:30)
定休日:月曜日(祝日を除く)

野生動物が見られるかも?!


photo by Charles Ng

動物大好きな子どもには嬉しいお知らせ♪

ボタニックガーデンは緑豊かな場所なので、野生の動物にも出会えます。

よく見かけるのは、リス、木登りトカゲ、珍しい鳥など。池には魚やカメも。

ビックリなのがオオトカゲ。中型犬くらいの大きさのトカゲがひょっこり現れることも!

よく出没するのはスワン・レイクの西側です。私はこの辺りで6匹出会いました。見た目はちょっと怖いけど、おとなしいのでご安心を。

シンガポール植物園日本語ガイドツアー

ボランティアグループによる無料の日本語ガイドツアーも開催されています。

月1回なので、旅行中の参加はなかなか難しいですが、予定があえばぜひ。

参加する場合は、当日受付。先着30名なので、ツアー開始より少し早めに行きましょう。

日時:毎月第1土曜日 10:00~
集合場所:ナッシムゲートのビジターサービスカウンター
所要時間:約2時間

シンガポール植物園を訪れる際の注意点

時間帯

出来れば、朝や夕方などの涼しい時間帯に行くのがおすすめです。

服装

動きやすい格好で。道は整備されていますが、たくさん歩くのでスニーカーなど歩きやすい靴がベター。

日よけ対策も忘れずに。

持ち物

もしもに備えて雨具は持っていくこと。

また、街中に比べると蚊が多いので、虫よけもあったほうが良いと思います。

水分補給の飲み物も必須ですが、忘れたりしたら園内で買うことも可能。

シンガポール植物園まとめ

シンガポール初の世界遺産、ボタニックガーデンについてご紹介しました。

とにかく広い植物園なので、一度に全部見て周ろうとするのは大変だと思います。

気になるポイントを目指して行ったり、逆に目的は作らずのんびりくつろぐのがおすすめですよ♪

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイのチケット料金徹底比較!最も安くお得にゲットする方法ガーデンズ・バイ・ザ・ベイのチケット料金を最も安くお得に購入する方法を調べました!チケット会社は割引をしているのでセール情報も見逃さず楽しい旅行にしてください!...
シンガポールで遊ぶならボヤジンを使わなきゃ損!

ボヤジンでチケットを手配すると
シンガポールの人気テーマパークが
最大52%オフになるって知ってる?

他にも送迎バス付のツアーや
クルーズの予約もおまかせ!
事前に日本語で予約できて便利です。

\楽天グループだから安心/

ボヤジン
公式サイトをみてみる