空港・移動情報

シンガポールMRT(電車)乗り方・切符の買い方・チャージ方法完全ガイド!

シンガポール観光の足としてかかせないMRT(電車)!

日本と電車と乗り方がほぼ同じなので、初心者の方でも利用しやすい交通機関ですが、やはりシンガポールならではのルールもあります。

ルールを知らないばかりに、罰金を請求された・・なんてことにもなりかねないので、予習は大切ですね!

今回は、シンガポールMRTの乗り方(切符の種類や買い方・交通カードなど)や注意点などをまとめてみました。シンガポール旅行へ行かれる方はぜひ、参考にしてみてくださいね♪

シンガポールの電車(MRT)は基本的に日本と同じ!

シンガポールの電車(MRT)シンガポールの電車(MRT)

photo by alantankenghoe

シンガポール観光の移動にかかせないMRT。

MRTとは、Mass Rapid Transit(マス ラピッド トランジット)の略で、電車・地下鉄を指す言葉です。

「MRT」なんて聞きなれない言葉なので「ちゃんと乗れるかな・・」と不安に思う方もいるかもしれませんね。

でも、大丈夫!基本的には、日本の電車や地下鉄と同じように乗ることができます。

mari
mari
MRTの切符の買い方や乗り方、注意点などをご紹介していきます♪

シンガポールMRT(電車)の概要

現在はあるのは5路線。分かりやすくそれぞれ色分けされています。

【緑】東西線(East West Line)

【赤】南北線(North South Line)

【紫】東北線(North East Line)

【黄】サークル線(Circle Line)

ダウンタウン線(Downtown Line)

MRTは本数が多いので、日本のように電車の時刻を調べて乗る人はあまりいません。数分待てば、次の電車がやってきます。

無人運転のハイテク車両でもちろんエアコン完備!渋滞の心配もないので、郊外など長い距離を移動するのに特に便利です。

シンガポールMRTの料金システム

シンガポールのMRTび料金システムは日本と同じく、距離によって異なります。スタンダードチケットでS$1.4~S$2.5、ez-linkカード(交通カード)でS$0.77~S$2.02です。

mari
mari
最大でもS$2.5なので、かなり割安な料金で乗れます。

ez-linkカードで乗車する場合はez-linkカードのチャージ残額が少ないとICリーダーにエラーが起きて、改札が開かない場合も。目安として$3.0は残しておくようにしましょう!

5路線あるのでちょっと複雑!詳しい料金を知りたい方は、公式サイトで簡単に調べることができますよ♪

シンガポールMRTの切符の種類と買い方

MRTは、切符を購入し、改札を通り乗車するという日本と同じ流れでに乗車しますので、まずは切符を購入します。

MRTで使える切符は以下の3種類。

  1. スタンダートチケット(Standard Ticket)
  2. ez-linkカード
  3. シンガポール・ツーリスト・パス(Singapore Tourist Pass)

切符の種類次第ではお得にMRTを使えるので、ぜひ予習してからお出かけしてくださいね♪

スタンダードチケット(Standard Ticket)

基本的にMRTには、日本のような“1回しか使わない切符”というものはありません。

スタンダードチケットとよばれるこの切符も、6回分(30日間有効)つかえるカード型の切符です。(とはいえ、ペラペラですがw)

運賃はS$1.4~2.5で、行き先を指定してその都度お金を払うタイプの切符です。

スンダ―ドチケットの買い方

シンガポールMRTチケット券売機シンガポールMRTチケット券売機

photo by Dickson Phua

  1. 券売機の表示をわかりやすいよう英語表記にする
    画面右側のEnglishをタッチしてわかりやすいように英語表記にします。
  2. 駅名を選択する
    「Buy Standard Ticket」の中の「Map(路線図から選択)」)」または「Station Name(駅名選択)」 をタッチします。
  3. 行きたい駅の名前を選択する
  4. 金額と駅名が表示されるので確認。「Single Trip(片道)」または「Return Trip(往復)を選択する
  5. 入金するとスタンダードチケットが発行されます
フェニー
フェニー
10ドル札は6ドル以上のチケット購入時にしか利用できないので注意!

スンダ―ドチケットの6回分(30日間有効)の意味

「6回も使える普通の切符ってどういうこと!?」という方に向けてスタンダードチケットの仕組みについて説明します!

スタンダードチケットは初回の購入時に10セントのデポジット(保証金)が含まれています。一度発行した後は、同じチケットにチャージして使います。

3回乗車するときに運賃から10セント割引(デポジット分返金)、6回使いきったときにはさらに10セント割引されます。

運賃から割引するというやり方で、デポジットが返金されるということですね!

観光で6回利用するのは難しい面もありますが、できれば6回利用してデポジットを返金したい所です。

ez-link(イージー・リンク)カード

ez-link(イージー・リンク)カードez-link(イージー・リンク)カード

photo by Geroithe Chia

ez-linkカードとは、MRT・バスでつかえるプリペイド式交通カードです。カード型の切符で、日本のパスモ・スイカなどの様に改札にかざして使います。

ez-link(イージー・リンク)カードの買い方

ez-linkカードは、各MRT駅のチケット・オフィス(Tickec Office)、駅のパッセンジャーサービス、セブンイレブンなどで購入できます。

券売機ではなく、有人の窓口で販売されています。

カード代金は、S$12。うち、カード代金がS$5、運賃として使えるのがS$7となっています。※カード代金のS$5は返金されません。

ez-link(イージー・リンク)カードのチャージの仕方

  1. ez-linkカードをカードリーダにセットする
    カードをのせると残高などの情報が見られます
  2. Add Valueをタッチし、チャージしたい金額・支払方法を選択
    チャージできるのはS$10・20・30・40の4種類。現金またはクレジットカードで支払いができるので、支払い方法も選びましょう。

「receipt」をタッチするとレシートが発行されますので、念のため取っておいた方が良いと思います!

あもちゃん
あもちゃん
シンガポールの地元の人ならみんな持っているカードという感じですね♪

シンガポール・ツーリスト・パス(Singapore Tourist Pass)

シンガポール・ツーリスト・パスとは、観光客向けにつくられたMRT&バスの乗り放題パスです。

チケットの種類は以下の3種類。パスはその日の各交通機関の営業時間の終了まで有効です。

  • 1日券:S$20
  • 2日券:S$26
  • 3日券:S$30

各チケットにはS$10のデポジット料金が含まれています。パスを購入した日から5日間以内に、払い戻しを行うとS$10返ってくるので忘れずに手続きをしましょう!

また、乗り放題の時間が終わったあとは、ez-link(イージー・リンク)カードとして使うことができます

1日券を購入したとすると、2日目は乗り放題ではなくなりますが、券売機で料金をチャージすれば、ワンタッチでMRT・バスを使えるということです。

 

View this post on Instagram

 

straight pathさん(@straightpath.travel)がシェアした投稿

シンガポール・ツーリスト・パスの買い方

シンガポール・ツーリスト・パスは、すべての駅で取り扱いがあるわけではありません

以下の駅のチケットオフィスで購入できます。詳しくは公式サイトで確認してみてくださいね。

  • チャンギ国際空港駅 (Changi Airport)
  • オーチャード駅(Orchard)
  • チャイナタウン駅(Chinatown)
  • シティ・ホール駅(City Hall)
  • ラッフルズ・プレイス駅(Raffles Place)
  • アン・モ・キオ駅(Ang Mo Kio)
  • ハーバーフロント駅(HarbourFront)
  • ブギス駅(Bugis)

シンガポール・ツーリスト・パスの返金方法

パスを使い終わったら、かならずS$10返金してもらいましょう!

mari
mari
結構大きい金額ですよね・・忘れると痛いです。。

基本的にパスを購入した場所であれば返金手続きが可能です。上記のパス販売駅のチケットオフィスで返金してもらいましょう。

パッセンジャーサービスやキオスクなどでは対応できないので注意が必要です。

返金できるのは、パス購入日から5日間がリミットです。例えば、3日間パスを月曜日に購入したとすると、土曜日までに返金手続きが必要となります。

フェニー
フェニー
使い終わってから5日間ではないので注意してくださいね!

スケジュールに合った切符を

一概にどの切符がお得!とは言いにくいので、どの程度公共交通機関を使うのかを考えて選んでみてください。

ez-linkカードはスタンダードチケットに比べるとお得なポイントが多いです。

  • 1回あたりの乗車につき10~20セントほど安い料金で乗車できる
  • その都度、券売機に並ぶ必要がない
  • MRT+バスを乗り継いだ場合、お得な乗継料金で乗車できる

ですが、S$5のカード代が返金されないのは短期旅行者にとってはマイナス・・。

ez-linkカードは5年間有効なので、たびたびシンガポールに訪れる予定がある方や長期滞在の方はお得&便利に乗車できるので購入してみても良いかと思います。

  • 短期滞在・タクシーも使う予定の方⇒スタンダードチケット
  • 長期滞在・頻繁にシンガポールへ来る方⇒ez-linkカード
  • 主にMRT・バスを足にして観光する方⇒ツーリストパス

シンガポールMRT(電車)の乗り方

基本的に日本と同じ流れで乗車できます。

大きな駅では路線の色を頼りにホームを目指しましょう。案内板も英語で書いてあるのでそこまで困りません。

切符は全てICチップをかざす方式のものなので、ピッと切符をかざして改札を通りましょう。


photo by Dickson Phua

mari
mari
進行方向によってホームが異なる場合があるので、反対の電車に乗らないよう注意!

シンガポールMRT(電車)は乗換えも簡単♪

別の路線への乗り換えは、改札を出ずに次のホームに向かいます。すぐ目の前のこともありますが、ホームが離れていてかなり歩くところも・・・

mari
mari
特にダウンタウン線の乗り換えはホームが遠いことが多いです。

電車を降りたら、来た時と同じように切符をかざして改札を出ます。

たまに、不具合で改札が通れない!なんてとこも。そんなときは、改札横にあるパッセンジャー・サービスに申し出てください。すぐに通してもらえますよ。

MRT(電車)乗車の際の3つの注意点

MRTに乗る際の注意点をいくつかご紹介します。場合によっては最大S$5,000の罰金を支払うよう命じられるので必ずチェックしてくださいね!

シンガポールMRTでの禁止事項


photo by Andrea Schaffer

シンガポールには規則がいっぱいあって、何事も罰金で取り締まっているというのは有名ですよね。車内でよく見る禁止マークは次の4つです。

  • 飲食禁止
  • 禁煙
  • 危険物持ち込み禁止
  • ドリアン持ち込み禁止

この中で気をつけたいのは飲食禁止!!電車内だけでなくホームでも禁止。ペットボトル飲料を飲むのもダメです。

禁止事項はその他にもいろいろありますが、一般的なエチケットを守っていれば問題ありません。例えば、「つばを吐かない」「ゴミを捨てない」「座席に足を投げ出さない」「車内や構内をうろつかない」など・・。

フェニー
フェニー
逆に考えると、こういった規則があるので安心して利用できるとも言えますね。

MRTの移動は冷房対策に羽織ものはマスト!

東南アジアの冷房設定は、日本人には寒すぎる感じることが多いです。

ときどき極端に車内が寒いこともありますので、羽織物は必需品です!

MRT駅構内のベビーカーはエレベータを使おう!

シンガポールは、ベビーカーについては日本よりも寛容で、MRT内でもよく見かけます。

びっくりするのが、駅構内のエスカレーターにベビーカーごと乗る人が多いこと!

シンガポールのエスカレーターは速度が速いし、かなり長いものもあるので、見ていて怖いなと思うこともあります。

駅には必ずエレベーターが設置されています。遠回りになることもありますが、そちらを利用しましょう。

あもちゃん
あもちゃん
旅行中にケガをしたら大変だもんね!

シンガポールの人たちは、子どもを見つけるとすぐに席を譲ってくれます。子連れでMRTを利用したら、きっと地元の人の優しさに触れられると思いますよ♪

シンガポールMRT(電車)まとめ

観光にMRTを利用するのは、便利なことはもちろん、地元の人の生活を体験するよい機会にもなります。

アナウンスが「英語・中国語・マレー語・タミル語」で流れることもあって面白いですよ♪

乗り方は本当に簡単なので、シンガポールに行ったら、ぜひMRTに乗ってみてください!

移動情報(バス・タクシー等)
その他の記事を読む

シンガポールで遊ぶならボヤジンを使わなきゃ損!

ボヤジンでチケットを手配すると
シンガポールの人気テーマパークが
最大52%オフになるって知ってる?

他にも送迎バス付のツアーや
クルーズの予約もおまかせ!
事前に日本語で予約できて便利です。

\楽天グループだから安心/

ボヤジン
公式サイトをみてみる