人気のお土産

【2019年シンガポール土産】人気スーパーマーケット4選とバラマキにおすすめの商品20選

海外旅行で地元のスーパーに行くのって楽しいですよね!

その土地の食卓事情がわかるようで面白いですし、見たことのないアイテムに出会えるのもワクワクします♪

シンガポールのスーパーにもお土産にできるものがたくさん!!今回は在住者御用達の人気スーパーマーケットとその使い方、おすすめ商品を20アイテム厳選してご紹介していきます。

物価の高いシンガポール、賢くバラマキ土産をゲットしちゃいましょう♪

現地で買い物するならクレジットカード必須

旅行するなら海外旅行保険自動付帯のエポスカードが便利で超お得です♪年会費が無料なので作らないと損な最強カード。

公式サイト 年会費は永久無料!エポスカード

シンガポール国内の主要スーパー4つ

シンガポールにある主なスーパーは4つです。

各スーパーのサイトではロケーションの確認ができ、ネット通販ができるところもあるので、事前に商品ラインナップや価格を見ることもできますよ!

フェアプライス(NTUC Fair Price)

フェアプライスフェアプライス

生協系の地域に根差した庶民的なスーパーで、地元の人は「エヌティーユーシー」と呼んでいます。

シンガポール中に店舗があり、駅直結のモールなどには、少し高級路線の「フェアプライス・ファインネスト」やホームセンターのような大型店の「フェアプライス・エクストラ」が入っていることも。

観光で行きやすいのは、チャイナタウンポイント店やシティスクエアモール店など。

私が泊まったホテルの近くにもあり毎日通っていました♪

シンガポールの物価を徹底分析!旅行前に知っておきたい6つの価格【食事・ホテル・乗り物】シンガポールの物価はいくらくらいなのでしょうか?現地での宿泊費、食費など、気になる物価をどこよりも詳しくまとめてみました。日本と全く違う商品の価格はとても興味深くて必見ですよ!...

コールドストレージ(Cold Storage)

欧米からの輸入品が充実していて、欧米や日本からの駐在員に人気です!

コールドストレージの他、「Market Place」「Jasons」という高級スーパーも展開。

高島屋やブギスジャンクションなど、観光でも行きやすい場所にたくさんあります。

ジャイアント(Giant)

マレーシアからやってきた庶民派スーパー。

店舗の規模によってエクスプレス・スーパー・ハイパーの三種類があります。

観光客が行きやすのは、セントーサの対岸にあるビボシティとマリーナエリアのサンテックシティ。

どちらの店舗もクッキーやチョコレートなどお土産用のお菓子の取り扱いがあって便利。

シェンション(ShengSiong)

もっともローカル色の強いスーパー。きれいで買い物しやすい店舗もありますが、かなりディープな雰囲気のお店もあります。


photo by Kai Hendry
観光エリア付近の店舗は、ムスタファセンター近くのJalan Berseh店やチャイナタウン近くのHDB(公営団地)1階にあるChin Swee店など。

mari
mari
アジア好きな方にはたまらないスーパーですよ♪

シンガポールのスーパー・買い物で覚えておきたい3つのこと

スーパーは買い物しやすいところですが、やっぱり勝手が違う外国。

ちょっとしたことでも、知っておくと安心です。

レジでの会話は思ったより簡単!

レジで突然何か言われても、特有の訛りもあるので聞き取れないことも…

mari
mari
でも、大丈夫。レジ係が話す言葉は、大抵この二つです。
  • 「メンバー?」 ・・・「Member?」会員カードは持ってますか?
  • 「ペイバイ?」 ・・・「Pay by?」支払い方法はどうしますか?

かなり不愛想に言われることもありますが、怒ってないので気にしないでください(笑)

答え方は、こんな風にシンプルに返せば、OKです。

  • 「No」
  • 「Cash」現金、「VISA」ビザ など。

セルフレジもあります♪

日本と同様、シンガポールでもセルフレジの導入が進んでいます。

使い方は簡単だし、困ったらすぐに係の人が来てくれるので、列ができている時は使ってみてください!現金払いでは支払えないものも多いのでクレカは必須です!

レジ袋は無料!

レジの人が袋詰めまでしてくれて、レジ袋は無料のことが多いです。

ただし破れやすいので、エコバッグなどを持参しておいたほうがよいですね♪

シンガポールのスーパーおすすめのバラマキ土産20選

インスタントヌードル

近年、ラクサ、ローミー、ミーポック…などシンガポールならではのものが増えています。

プリマテイストのラクサは定番人気のお土産。

カップヌードルのラクサ味は日本版とは味が違うので、比べてみるのも面白いかも。

シンガポールインスタントヌードルシンガポールインスタントヌードル

photo by Soon Koon

ローカルフードの素

チリクラブ、チキンライス、ラクサ、ルンダン…など現地で堪能した味をお持ち帰り。

レトルトパウチや瓶詰になったインスタントペーストを使えば、難しそうなエスニック料理も簡単に再現できます。シンガポールの会社「Singlong」の商品はおすすめ。

バクテーの素も美味しいです。だしパックのような形状で、軽くて持ち帰りやすいのも◎。

缶詰・瓶詰

缶詰・瓶詰缶詰・瓶詰

photo by Kai Hendry

多少重たくなりますが、缶詰や瓶詰コーナーにも面白いものが揃っているのでぜひ覗いていただきたい!!

よく料理に添えられているグリーンチリの酢漬けは、シンガポールでハマる人が続出!瓶詰で売られています。

缶詰でおすすめは、アヤムブランドの製品。日本にはないフレーバーのツナやサーディンなどがあります。ニワトリのパッケージも可愛いですよ♡

そして、スープ缶でおなじみのキャンベル。日本にはない酸辣湯がお土産に人気です。

神戸スパイス
¥2,200
(2019/05/24 20:42:13時点 Amazon調べ-詳細)

調味料

先日、テレビの旅番組で斎藤工さんがチキンライスに添えるダークソースを購入されていました。

このダークソースは日本にない味で、気に入って買っていく人が多いんです。

辛い物が好きな方は、サンバルチリもおすすめ。チリペーストにニンニクやエビのペーストなどが入ったもので、料理に添えたり炒め物に使ったりするんですよ!

スープレストランのジンジャーソース

ガイドブックにも載っている人気のレストラン、スープレストラン(三盃雨件)。そこの名物料理「ジンジャーチキン」は絶品と評判です。

このお店の味が瓶詰になって売られていて、スーパーでも購入できます。定番のお土産。

グラ・メラカ(ヤシ砂糖)

東南アジアでは料理にもデザートにもヤシ砂糖がよく使われます。コクがあるけど、黒糖よりもさっぱりした味です。

スーパーでは、固形や顆粒などいろいろなヤシ砂糖があります。中でもシロップは使いやすくておすすめ。

グラ・メラカ(ヤシ砂糖)グラ・メラカ(ヤシ砂糖)

photo by Yun Huang Yong

ココナツミルク・オイル・ジュース

料理に欠かせないココナツミルクは、日本で買うよりずっと安いので好きな人は買って帰りましょう。便利な少量サイズのパックもあります。

オイルはお料理だけでなく、ヘアケアに使う人も。しっとりサラサラになりますよ。

美味しい100%ジュースもパック入りが買えます。

カヤジャム

カヤジャムカヤジャム

シンガポール名物、カヤトーストには欠かせないカヤジャム。スーパーには手ごろな値段のものがあります。

緑色のパンダン風味が強いタイプは、日本人には苦手な人が多いので、茶色いタイプが無難。

ラッフルズホテル
¥1,320
(2019/05/24 20:42:14時点 Amazon調べ-詳細)

タイガービール

タイガービールタイガービール

お酒が高い印象のシンガポールですが、スーパーの缶ビールに関しては日本と変わらないか安いくらいです。(マリーナベイサンズなど観光地価格のスーパーは除く)

タイガービールタイガービール

シンガポールのビールといえば、やっぱりトラのマークのタイガービール!我が家で人気なのはレモン味のフルーツビール♪

ポテトチップス

ローカル料理の代表、チキンライスとラクサフレイバーのポテトチップスが発売されて話題です。

他には、日清カップヌードルトムヤムシーフードフレイバーのポテトチップスもお土産向き。海外の食べ物が苦手な人でも受けれいやすいお土産の一つです。

タピオカ(キャッサバ)チップス

ポテトチップスよりもヘルシーと言われているのがタピオカチップス!

日本では珍しいのでお土産にいかがでしょう?なかなかハマってしまう人気商品です。

味香園のピーナッツ

スノーアイスのお店としてガイドブックにも度々登場するチャイナタウンのお店、味香園。

お店のブランドで販売されている殻付きピーナッツはスーパーでも購入可能。おつまみにピッタリ。

ジェムビスケット

シンガポール人にとっては懐かしの国民的おやつ。ノスタルジーを感じるアイコンとして、イラストや雑貨のモチーフにもよく使われます。人気はKhong Guanのファンシージェムズ。

 

View this post on Instagram

 

@akigonringon10969がシェアした投稿

紅茶

シンガポールの紅茶といえばTWGがありますが、それよりもお手頃な価格帯で買えるのがグリフォン(Gryphon )。シンガポールの会社です。

いろいろなフレイバーがあり、パッケージもおしゃれ。

インスタントドリンク

シンガポールらしい甘いコピ(コーヒー)やテ・タリ(ミルクティー)がスーパーにたくさん並んでいます。個包装なので、バラマキ土産にもできますよ。

おなじみネスカフェやマレーシアのOld Townホワイトコーヒー、シンガポールブランドならフクロウマークのOWLがあります。

その他、ショウガドリンクも豊富にあっておすすめです。

箱入りお土産用のお菓子

観光客の多い店舗では、マーライオン型のチョコやクッキー、プロウンロールなどの箱入りお菓子が買えます。空港で買うよりもお得です。

中身は個包装ではないものが多いですが、まれに「individually wapped」と表記された個包装のものもあります。

タイガーバーム

シンガポール土産の定番。おなじみの軟膏の他、虫よけパッチも人気です。


photo by pierre baume

Axe Oil

古くから伝わる万能薬。スゥーっとするメンソール系のオイルです。頭痛、鼻水、筋肉痛などいろいろ効きます。

ミニボトルは1ドル程度なので試しに買っても面白いです。

アーユルヴェーダ石鹸

ムスタファに行ったけど、在庫がなかった…というとき(たまに、そういうことがあります)、スーパーを見てみましょう!すべてのお店にあるわけではないけれど、取り扱っている店舗もたくさんあります。

【シンガポール土産】人気のアーユルヴェーダ石けんブランド6選と購入方法徹底解説!シンガポール土産で大人気なのがアーユルヴェーダの石けんです。特にリトルインディア周辺では激安ソープが山のように売られており、ムスタファセンターの売り場は日本の旅行者でいっぱい!おすすめのアイテムを紹介しているので是非チェックしてみてください!...

インヘラー

東南アジアでよく見かける、鼻に入れてすぅ~っとするアレです。シンガポールでも気軽に買えるので、鼻づまりでお困りの方はぜひ。

photo by Justin Hall

シンガポールの人気スーパーとお土産まとめ


photo by Jimmy Tan
スーパーには、お土産にピッタリのものがいっぱい!

食材の美味しさは、主婦として連日スーパーに通っていた私が太鼓判を押します!

物価の高いシンガポールですが、ローカルの人たちが通うスーパーは、手ごろな価格でお買い物できるありがたい存在です。

みなさんも、シンガポールに行ったらぜひスーパーでお土産探しをしましょう!

その他の
お土産記事を読む

シンガポールで遊ぶならボヤジンを使わなきゃ損!

ボヤジンでチケットを手配すると
シンガポールの人気テーマパークが
最大52%オフになるって知ってる?

他にも送迎バス付のツアーや
クルーズの予約もおまかせ!
事前に日本語で予約できて便利です。

\楽天グループだから安心/

ボヤジン
公式サイトをみてみる